サイトワードを使ったゲーム

今週のレッスンではそれぞれ英語の本を音読した後、ボンゴゲームをしました。

その日4年生が習ったサイトワード[ an ]を使って文を作ります。

This is an apple.
This is an octopus.
This is an iguana.

ノートに文と絵(2年生は単語と絵)をかき、ゲームスタート!あらかじめ選んだ4つの文のカードが出たら「ボンゴ❗️」



サイトワード学習にはこちらを使っています。
クロスワードが楽しいようです♪
100 Sight Word Mini-Books: Instant Fill-in books That Teach 100 Essential Sight Words (Teaching Resources)



にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

パターンで覚える英会話

今年度の5年生にはスピーキングを重視し、レッスンの3分の1ほどは会話をしています。

「連休はどこにお出かけしたか」

「給食は何を食べたか」

などを聞いています。

知ってる単語とその場で教わった単語を駆使して答えています。文章で答えるのはなかなか難しいですが、

I went to ~.
I ate ~.
I did ~.

とパターンを覚えて使う練習をしていきます。

友達と遊んだ時の

I played with ~.

は覚えたようです(^_^)


3年生にはこちらを宿題に出しました。
Oxford Reading Tree: Stage 3: Storybooks: on the Sand


にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村



英語で質問してみよう

5、6年生レッスン。最初の15分は質問タイム。

What time did you get up?
What did you eat for lunch?

今回は答えるだけでなく、お友達に質問をしてみました。「何?」と聞くときに”What"から始められていました。全てを英語で質問するのは難しいですが、少しずつ練習していきます。

引き続きこちらを音読中。

My Father's Dragon

チャプター7まで進みました。毎回、各自3つずつ単語を選び、宿題でセンテンスを考える。

I like lions.
My mother is tall.

翌週9つのセンテンスでボンゴゲームをしています。




にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村




バイクじゃなくて自転車だよ

5・6年生は文法テキストで

Do you have ~?
Does he have ~?

の使い方を学習中。

Do you have ~?

を使って隣の人に質問をする場面。

Do you have a bike?

と聞かれ、

「ん?バイク? 自転車?」



カタカナの「バイク」と
英語の「bike」
で混乱している様子。

他のレッスンでも

Bike

というとオートバイのことだと思う生徒がいて
「バイクじゃなくて自転車だよ」と言っていました。カタカナって紛らわしですね…。

ちなみに英語でオートバイは

Motorcycle
Motorbike


2年生はこちらを音読中。
「Earth」の発音が上手になりました♪
If a Tree Could Talk (Emergent Reader Science; Level 2)


にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

文法テキストの導入

小4・小5クラスに文法テキスト導入しました!これまでたくさんの英語に触れてきた生徒たち。文法を学ぶことで、インプットしてきた英語を整理し、よりアウトプットできるようにしていきます。

1回目は noun 名詞。a, an, 単数/複数について。

リーディングも今回から新しい本を読んでいます。
No More Monsters for Me! Book and CD (I Can Read Book 1)




にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

プロフィール

yuki inoue

Author:yuki inoue
ハイスクール1年、大学4年、社会人1年の計6年間を米国で過ごしました。TOEIC985点(2015年1月)。14年間外資系企業で勤務。現在は大手英語教室で勤務する傍ら、自宅で英語絵本の教室を開いています。英語が話せる日本人を育てることが、私のライフワークです。

★★生徒募集中★★
無料体験レッスンをご希望の方は、コメント欄よりお願いします。後ほどこちらからご連絡します。

【えほんで英語】 の特徴

★絵本をたくさん音読する
まずは100冊!CDで耳から聞いた文章を、ネイティブ発音の通りに言えるようになります。

★レッスン中は、できるだけ生徒が話す
ゲームや会話練習などで、生徒自身の話す機会を確保します。

★自分の言いたいことを自分の言葉で
単なるリピートではなく、「自分の言いたいことを自分の言葉で」言います。最初は簡単なフレーズから。例えば "I like..." だと、自分の好きなものを言っていきます。"cherries" の子もいれば、"watermelons" の子もいます。

検索フォーム

QRコード

QR

アクセス数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: