スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はくもりで暑かったね!を英語で

低学年クラスでは、曜日、日にち、お天気の確認からレッスンスタート!

It's Thursday.
It's June 9th.
It's cloudy and hot.

1年生は "How's the Weather?" でお天気のいい方を覚えました!

今週の音読本では、季節を学習しています。

The Four Seasons (Emergent Reader Science)


3年生はこちらのシリーズ。サイトワードを覚えることで、the, looked など読める単語が増えてきました。

Nobody Wanted to Play. Roderick Hunt, Gill Howell


にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

お天気とシャワー

4月からかわいい1年生が入会してくれました!先週からお天気の本を読んでいます。

How's the Weather? (Emergent Reader Science Series Level 1)

3年生は

How's the weather?

と聞くと

It's sunny.
It's partly cloudy.
It's hot.

と答えられます。先週は朝だけ少し雨が降ったので、"shower" と教えました。子ども達は

えー?シャワー??

と笑ってましたが、Yes, same word. (同じ言葉だね)と話しました。

ちなみに

shower 断続的な雨

rain 継続的な雨

だそうです。私が住んでいたミネソタ州は、日本のようなしとしと雨よりも"shower"が多かったです



にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村



耳コピから音読へ

2年生は今月、リーディング教材をCTPからORT(Oxford Reading Tree) に移行しました。

CTPはCDのリズムが良く、耳から英語を覚える「耳コピ」に最適。ORTは語数が増えるのと、ストーリーが楽しいのでじっくり読む「音読」向き。

今週はこちらを音読中
The Rope Swing. Roderick Hunt, Gill Howell (Ort Stories)

to, on, the など、最初に覚える25のサイトワードを今月から学習します。「サイトワード100」をマスターすれば簡単な本なら一人で読めるようになります!

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村




ボンゴゲームで単語学習

幼児・小2クラスでは、こちらを音読中。

spoons
pans
soap

などの名詞をボンゴゲームをしながら学習。

How To Make A Mud Pie (Fun and Fantasy Learn to Read)

アルファベット学習では H と I から始まる言葉を考えてノートに書きました。


来月は英検、英検Jr.があります。みんな目標に向かってがんばっています!


にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村




新しい音読本で体のパーツ

◼︎ 年中・小2クラス

We Can Eat the Plants (Emergent Reader Science; Level 1)

こちらの本を読み終え、今日から新しいセットに入りました❗️

What Do You See? (Fun and Fantasy Learn to Read)

eyes
nose
arms

など体のパーツが出てきます。まずは恒例のボンゴ。"monster"はそれぞれオリジナルの絵を描いていました


◼︎ 小5・小6クラス

こちらの本を通しで読みました!
No More Monsters for Me! Book and CD (I Can Read Book 1)

1,470語と読みごたえたっぷり。次回からは新しい本を読みます。


にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

プロフィール

yuki inoue

Author:yuki inoue
ハイスクール1年、大学4年、社会人1年の計6年間を米国で過ごしました。TOEIC985点(2015年1月)。14年間外資系企業で勤務。現在は大手英語教室で勤務する傍ら、自宅で英語絵本の教室を開いています。英語が話せる日本人を育てることが、私のライフワークです。

★★生徒募集中★★
無料体験レッスンをご希望の方は、コメント欄よりお願いします。後ほどこちらからご連絡します。

【えほんで英語】 の特徴

★絵本をたくさん音読する
まずは100冊!CDで耳から聞いた文章を、ネイティブ発音の通りに言えるようになります。

★レッスン中は、できるだけ生徒が話す
ゲームや会話練習などで、生徒自身の話す機会を確保します。

★自分の言いたいことを自分の言葉で
単なるリピートではなく、「自分の言いたいことを自分の言葉で」言います。最初は簡単なフレーズから。例えば "I like..." だと、自分の好きなものを言っていきます。"cherries" の子もいれば、"watermelons" の子もいます。

検索フォーム

QRコード

QR

アクセス数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。